生命保険 相続税 

生命保険に関して少しでも悩みがあるなら!

「保険に関して全くわからない・・・」、「どう見直せば良いかわからない・・・」
そんな方は是非保険のプロに相談してみて下さい!

※下記サービスなら、相談は無料ですし、イエローカード制度により勧誘が全くないので安心して利用できます。

⇒現役税理士がオススメ!勧誘がなくて無料で利用できる保険相談サービスはこちら♪

相続税対策のための生命保険の選び方と活用

 

 

相続対策の生命保険は慎重に・・・

 

生命保険の加入や見直しのきっかけは、保険料の削減、保障内容の把握、保険見直しの検討、保険に関する不明点の解消、ライフイベントの変化などさまざまです。

 

複数のファイナンシャルプランナー(以下「FP」)に相談をして下さい。FPによって違う提案をされることは当たり前ですし、異なる生命保険会社の商品を提案されるのも当然のことです。

 

そこで、同じ内容の保険商品であっても、生命保険会社によって、保険料や解約返戻金が異なります。そのことを比較検討することも保険選びのポイントです。

 

FPも一人に絞ることなく、複数の担当者の意見を聞いてみてください。見方が変われば意見も違うはずです。

 

生命保険会社を選ぶポイントや注意点も気になるところですが、現在加入している生命保険がダメ保険といわれる内容のものであればすぐに見直しされることをおすすめ致します。

 

御社が、法人契約の生命保険に関して、

 

  • 生命保険活用による法人の節税対策や将来の退職金の準備を相談したい。
  • 生命保険全般(法人契約)について、複数の保険会社を比較してみたい。
  • 目的別によって、保険を分散して加入できていない(一社のみ)。
  • 事業承継(相続対策)のための生命保険活用について話しを聞いてみたい。
  • 加入している法人保険内容が目的に合致しているかどうか再確認したい。
  • 会社の自社株対策のための保険加入の仕方について知りたい。
  • 担当税理士が大手国内保険会社の代理店で一社のみを勧めてくるので不安だ。

などの、ご不安やご相談内容のある方は当サイトのお問い合わせページよりご遠慮なくご連絡下さい。

 

後日担当者よりご連絡申し上げます。

 

法人契約の生命保険は、退職金の準備、後継者の相続税納税資金の確保、相続税非課税枠の活用など目的が様々で、かつ、金額が高額であることから、一社の生命保険で全てを賄うことは無理なケースが数多くあります。

 

50歳経営者の法人契約生命保険の保険料と解約返戻金比較にあるように保険会社により、支払保険料の額、解約返戻金の額と返戻率も異なります。

 

複数の保険会社を比較検討することがとても重要ですし、法人契約や相続対策のための保険活用は金額が多額になりますから目的をはっきりさせて慎重に判断するようにして下さい。

 

当サイトを通じて多数のお問い合わせを頂いております。どうぞご遠慮なくご連絡下さい。

生命保険のオススメがイメージできる画像

生命保険金と※相続税※記事一覧

質問夫が亡くなり、生前に加入していた保険契約に基づき妻である私が死亡保険金を受け取りました。この死亡保険金にかかる課税関係はどうなりますか?契約者(保険料負担者)夫被保険者夫死亡保険金受取人妻回答生命保険契約に基づく保険金を受け取った場合、税法上はその契約にかかる実質保険料負担者が誰であるかによって課税関係が変わります。具体的には、契約者と被保険者が同一人の場合には、相続税が課税されます。契約者と...

質問死亡により受け取った生命保険金については、相続税法上その全額が課税扱いになるわけではないと聞いたのですが、どれくらいの金額が課税されないのでしょうか?回答相続税の対象となる死亡保険金の額には、一定の非課税枠があります。したがって、相続発生により受け取った死亡保険金等は、その全額が相続税の課税価格に算入されるとは限りません。具体的な相続税法上の取扱は次のとおりです。被相続人の死亡により相続人が取...

質問死亡保険金とともに病気入院中の入院にかかる入院給付金の支払いを受けた場合の課税関係はどうなりますか?相続税がかかりますか?回答本来の相続財産として相続税の課税対象となります(相続税法基本通達3-7)。被相続人の死亡によって生命保険金等を受け取った場合には、「みなし相続財産」として相続税の課税対象となります。所得税法においては、生命保険契約に基づく給付金で身体の傷害に基因して支払いを受けるもの、...

質問父が亡くなり保険会社から保険金が支払われました。しかし、父は生前保険会社から契約者貸付を受けていたようで、保険金額から父の借入金が相殺されて支払われました。このような場合、父が受けていた借入金は債務控除の対象となるのでしょうか?契約者(保険料負担者)父被保険者父保険金受取人子被相続人父回答相続税の債務控除の対象にはなりません。支払われた相殺後の保険金額のみを「みなし相続財産」として考えます。保...

質問先日夫が亡くなりました。生前夫が受取人を妻である私とする年金払定期保険特約(収入保障特約等)に加入していたとのことで、死亡保険金を年金と一時金で受け取ることができなくなりました。ただ、この場合に相続税が課税されると聞いたのですが、課税関係はどうなるのでしょうか?契約者(保険料負担者)夫被保険者夫保険金受取人妻保険の種類年金払定期保険特約(収入保障特約等)回答契約者=被保険者である契約で、死亡保...

質問契約者であり、被保険者である父と、受取人である子どもが事故等により同時に死亡した場合、保険金の相続関係はどうなるのでしょうか?契約者(保険料負担者)父被保険者父保険金受取人子回答保険金受取人の相続人がその保険金を相続することになります。法律上の「同時死亡の推定」に関する規定については、その要件として必ずしも共同の危難によることを要求してはいません。したがって、この設問のように確実に同時死亡した...

質問このたび夫が亡くなりました。夫は生前事業に失敗し多額の借金を残しており、とても私が返済できる金額ではないので相続放棄の手続きをしようと考えています。相続放棄をした場合、私が受取人になっている保険金も受け取ることはできないのでしょうか?回答相続を放棄した場合でも保険金を受け取ることはできます。生命保険金は、保険契約に基づき受取人が原始的に取得するものであり、受取人固有の財産とされています。したが...

質問亡くなった父が契約者であり、被保険者で長男である私が受取人となっていた生命保険契約の死亡保険金を受け取りました。相続人は3人(母、私、弟)です。遺産分割協議に際し、この生命保険はいわゆる「特別受益」として扱う必要があるのでしょうか?契約者(保険料負担者)父被保険者父保険金受取人長男回答ケースにもよりますが、特別受益に該当しないという判決もあります。民法の規定では相続人の中に、被相続人から遺贈を...

質問相続対策を行う場合に、生命保険が有効だとよく聞きますが、具体的にどういうことでしょうか?回答生命保険は、リスクが少なく、遺産分割が容易であるなど、相続対策においてさまざまな有利性をもっています。昔のバブル全盛期においては、地価の高騰等に伴い相続税の評価額となる路線価等も上昇し、その結果として高額な相続税負担を強いられるということがありました。しかし、当時は不動産市場はいわゆる売り手市場であった...

質問父親が契約者(保険料負担者)および被保険者で、受取人が子供となっている養老保険が近く満期を迎えます。このままですと満期保険金に贈与税が課税されるとのことで、早めに契約者を子供に変更したほうがいいとアドバイスをもらったのですが、、、。回答契約者の変更をしても、父親と子供で満期保険金をその保険料の負担金額で按分計算しますので、いずれにしても子供には贈与税が課税されることになります。保険契約にかかる...